投稿日 2016-07-20
嶺北在住の子育て世代に贈る・貧乏日帰りトリップ


最初に断わっておきますが、超ローカルネタなので。

こっそり黙ってみているあなた!、そしてブログを楽しみに見ている親御さんにプレゼントです。

よーこそ、嶺北の子育て世代さんへ。




 

ここ嶺北地方には今、たくさんの子育て世代がいますね。といっても、数はそんなに多くないけど。ご高齢者が主役の地域ですから子連れはよく目立ちますね。

なので、老婆心で昔の私の子育て時期を思い出して、書いてみますね。もう、はるか昔に事ですのでリアルタイム情報は自分で探してね。

テーマは「お金を使わない高知での子連れの夏休み日帰り旅行」

ぱふぱふ~~

まず、お母さんは早起きして、おにぎりとお茶を用意しましょう。お父さんは前日は深酒せずに早く寝ましょう。

基本です。

さて、出かけましょう!

まずは、れいほく地方から国道32号を南進です。もちろん貧乏ですので高速は使いません。国道です。下っていきましょう。

南国で左にバイパスを東にすすみます




 

最初は県立手結住吉海岸ですね。サイクリングセンターを目指します。

サイクリングセンターはお金がかかりますので、スルーします。その先に公衆トイレのある駐車場が見えます。その階段を下がっていくと、楽しい磯遊びができますよ。


普段、川でしか遊んでいない子供たちは海に興奮します。といっても、岩場ですので磯遊びがメインです。海水浴とは違います。リサーチして干潮時間を調べてから行ってください。満潮時にいくと、ただの海辺です。干潮時には、潮だまりにウニやヤドカリ、カニ、小さな魚がいっぱい。ちっちゃな網とバケツを持っていくと、干潮時間の間、夢中になって遊びまくります。

乳児も潮だまりに浸かって楽しい時間が過ごせますし、ぜんぜん怖くない場所なので安心して目を離せますよ。




 

さ、次に向かいましょう!

駐車場からそのまま坂を下って行きます。そうすると手結漁港が見えます。この手結漁港名物はこれです


アスファルトの道が宙に浮いています。「架道橋」というらしいです。船が通るときにのための可動式の道です。ここで記念撮影パチリ。




 

はい、次です

マリーナ横切り、ヤシーパークも無視していきましょう。そのまま、そのまま西に向かいます。

海岸線をひたすら西へ

子どもからリクエスト。

「お父ちゃん、お船に乗りたいよー」

「よーし、任せておけ!」

浦戸大橋に行かず、三里地区の集落のどん詰まりに行きます。

そこには県営渡船があります。御畳瀬に向かう渡し船です。これは昔、浦戸大橋が有料だったころ、県道の役目として御畳瀬ー三里間を船で自動車も人もバイクも無料で運んでいました。現在は小さなバイクと人のみで1時間1本のペースで船が出ています。

道の脇に車を止めれる場所があるのでそこに駐車。

そして、乗船です


無料ですので大いに乗ってください、大船に乗ったつもりで!

約5分の船旅です。それでも子供たちは大喜びなはず。間違いない!

御畳瀬に到着します。次の船が出るまで1時間ほどありますので、御畳瀬の漁村を歩いてみましょう。通り沿いにたくさんの干物が干してあり、売っています。ココはタダではないので我慢しましょう、出来るだけ・・・。

でも、そこのお父さん、コレで一杯やることの誘惑に負けた方は・・・しゃーない、ちょっとだけよ。


タイミング良ければ、そこのおばぁにちょっとだけ炙ってもらいましょう。堤防に腰掛け、おにぎりとお茶と干物と・・・・。くぅ~飲みたいね。近所にお店があるのでノンアルで我慢です。




 

さて、旅行も終盤です。

夕暮れも近くなってきました。おばぁにバイバイをして、記念撮影。

帰りの船で再び三里まで船に乗り、浦戸大橋目指します。

花街道をさらに西へ。




 

貧乏旅ならば、おそらく定番のわんぱーくこうちでしょうが、・・・

それは素人です。

プロは違います

春野を目指します。公園ではないです。

そう、高知競馬場です!

夏場はナイターやっていますぜ!!


そこのお父さん、女房子供には「動物を見に行こう」と誘いましょう。

え?こんな時間に動物園?と、聞かれます。無視してハンドルを握りましょう。

到着します。もちろん子供無料です。後半レースでは大人もただでスルーしてはいれます。

「ほらごらん、おうまさんがいっぱいだろ」

「わぁ~~~!!」

大喜びです。

ココには遊具もたくさんです。フワフワバルーンも無料。お馬さん見て遊具で遊んで大満足です。

しかし・・・

お父さんは勝負師です。

嫁さんに隠れてひとレースだけ買いましょう。隠れて。

パドックで子供に「どのおうまさんが早いかなぁ?」と、こっそり聞いてみましょう。もちろん嫁さんの視線を上手くかわしてください。邪念が入りますので。本日のお父さんへの家族サービスのご褒美が天から降ってきますので。ひとレースだけ。

集中力ですぞ。


 

最終日開催の最終レースは飾ってあるお花も貰えます。

これを奥様に差し上げて下さい。なんて粋なっ!




 

さて、そろそろ帰りますか・・・。

国道をヨタヨタ帰ってください。

 

これが、私の昔取ったビンボートリップです。

子連れの方の為に。

嶺北の子育て世代に贈るパグオヤジからの提案でした。

良い夏休みを!

 

 


 

コメント

お願い:コメントの前か後ろにお名前をご入力ください。^^