投稿日 2016-07-31
しゃくり漁で鮎おどる・オッサンもおどる


夏です!川です!あゆです!!

 

日曜日でも明日朝の出荷があるため、朝から、トマトを選別箱詰め。

昨日、近所の友人たちが「川でアメゴを釣ってきた」と聞いたものですから、行きたくて行きたくて、朝からウズウズしていた。

なので、スーパー父ちゃんになって、ハイスピードで今日の作業を終わらせてやる、と意気込んで何とか夕方に終わらすことが出来た。

 

倉庫から、去年ぶりのウエットスーツと、足袋、箱ビン、竿、針など小道具を引っ張り出してようやく4時半に、今年初めての川へいそしんだ。

 



この辺の川で鮎を釣るときには、本流で友釣り、支流では独特の釣り漁法「しゃくり漁」で行う。水中メガネや棒じゃくり漁は禁止されているのでもっぱら私は支流での「しゃくり漁」で鮎を追っかける。

元来、ケモノを追う猟も、魚を追う漁もひとりですることが好き。自分で場所も時間も選び、すべて自己責任で完結する。何より、ひとりの方が自然と一体になったような気がする。漁も猟も、営利目的でもないし、必要以上に欲しくもない。だから少しだけおすそ分けしてもらえばよいのだ。それ以上に、水の中を見る事や、森の中のエネルギーを感じることが好きなのだ。

 

さて、仕事を終えて、夕方から母ちゃんに畑に行くとウソをつき、ウエットスーツで軽トラにのって、バレバレの遊びがスタート。近所の川で品定め。毎年行っているので水の中もお見通し。去年ぶりに見る水の中、ええわぁ~これ、やっぱり。

チョッとだけ味がある川の水、カラカラと耳に響いてくる音、箱ビンで覗くと・・・・

そこには子供の頃に戻ったような自分がいる。

思えば本当に小さなころから水の中で魚を追っかけ、えびを取り、誇らしげに家に持ち帰った。その頃のまんま、オッサンになった今でも童心に帰れる。そして、家の近くですぐに遊べる川があるありがたさ。本当に贅沢です。

 

では、釣果を

 



川の中では、よどみに群れがいて、急流には縄張りを持った鮎が踊っている。一匹目は小さな群れの中から。2匹目は写真の通り「追い星」と呼ばれる黄色い斑点を付けたまずまずの大きさを引っかけた。そう、このしゃくり漁とは、箱ビンで直接水の中を覗き込み、直に鮎を針で引っかけるという漁法なのです。1対1の勝負です。

スイカの香り、気持ちの良いぬるっっとした身体、アユはいい顔しています。

極秘情報で、今年はこの辺にたくさん放流したよという、漁協関係者からの情報があったので、案の定、このポイントはたくさんいた。しかも夕方ですから誰もいない。ただ一人川で遊んでいる。人によっては危ないよとかいうけど、私はひとりぼっちが好きなので。夕暮れの日が傾き始めても一人川で遊んでいる。あ~いい時間。


およそ、30分から40分くらいだろうか。アユを追っか、都合4匹を釣り上げた。負け惜しみだが、あと2匹釣っていたんですが、逃げてしまいました。デカかったんですよ。


 

なんとか、短い時間で、家族4人分のアユは手にして、そそくさと家路につく。

今年も、この季節がやってきた。れいほくで一番いい季節です。鮎が大きくなるのもまだまだこれから。何度でも楽しめる、れいほくって素敵な地域。

 

夏はね、仕事をし、鮎追っかけ、キンキンのビールを飲む

さあ~夏本番ですよ

オッサンになっても、いまだに川ガキですねん。

 

PS/れいほくにお住いの移住者たちへ

もっと川で遊ぼうよ

川漁談義しようよ

せっかく身近な遊び場があるのだから。

貰うばかりじゃなく、自分で取ってこそ醍醐味やで!!

大した腕ではないけど、知っている限りは教えちゃる。

 


 

コメント

お願い:コメントの前か後ろにお名前をご入力ください。^^