投稿日 2017-05-26
手土産はお酒、あんたそれ安易だね。


田舎でいろんな場面でご挨拶やお礼などで、度々ちょっとした手土産を持っていくことがありますよね。

うちももらうことがある。みなさんにもあると思う。買うときに「何をもらったら喜ぶのかな?」と悩むことも多々あるよね。どこか旅行に行ったとき、同僚や会社の方にチョットしたお土産には相当悩むんじゃないかな?私は会社勤めではないのでそんなに悩まないけど。「地方らしさ」「小分けしやすさ」「やたら数のとれるやつ」などなどお土産屋さんにはたくさんの購買ニーズにかなったものはたくさんあります。

では、田舎では何が喜ばれるか?

あ、言っときますが、これは私感で田舎もんの推測ですから。というか、「この人のらしいなぁ」というのがうれしいです、はい。個性です。

で、安易にお酒ってどうも??って感じなんですよ。確かに貴重なお酒や、珍しいお酒なんかは、「ほっほー」とうなりますが、かたやそこらへんで売っていますがな、というようなお酒はツイツイ突っ込みたくなります。でもね、例外があります。それは地域内で挨拶周りをするときには、地元のお酒が最高に無難です。ここ嶺北地方の日本酒銘柄は間違いなく「柱月(けいげつ)」です。シェア率おそらく98%の日本酒を飲んでいますね。いや、ごめん。これは土佐町、本山町の話ですね。大豊町は「土佐鶴」でした。これほどシンプルに嗜好が出ている地方も珍しいんじゃないかな?

だから、本山町の農村地帯では「柱月」最も無難。

 

さて、お酒以外では?これが悩みます。どこかに行ったのなら、その地方のものでしょうし、くれる人の個性であっても良い。だから何でもいいじゃないか?個性もなく、自分の考えもなく、ただアイツにはお酒でいいや、というのは私は・・・思ってします。その人がお酒好きで「一緒に飲みましょうよ」というのはうれしけど。

ごめんなさい、話を戻します。手土産、何にしようか?私は考えます。旦那さんに対して挨拶やお礼でも「奥様を気にしよう」ということです。なぜなら、お酒は基本的に旦那さんしか喜びません。奥様に意識した手土産は(お菓子等)は奥様も喜びます、子供がいたなら子供も喜びます、それを見て旦那さんはうれしくなります。つまり、お酒は旦那のみのウレシイ、お菓子は家族みんながウレシイ、ということになります、何事も奥様が実権を持っている家庭がほとんどだと思います。だから奥様に気を使ったものを持っていくと効果がアップすると持論を持っています。

つまりこれは同じお金をかけるなら「費用対効果」が優れているを選んだ方がいいよ、ということ。

安易なお酒にするよりかは、お菓子の方が絶対効果あり、ということです。

 

私も取引先にあいさつ回りをするときに、大人数の社員がいるところの手土産、なんだと思いますか?

「芋ケンピ」にしています。チャンチャン。

 

また、個性を出した手土産っていいですよね。その人らしさがあって。地方に行って「なんじゃこりゃ?」というお土産にはワクワクします。そこには奥様は考えなくていいです。個性万歳。ちなみに毎年ハワイに行く近所家族のハワイ土産をもらうんですけど、ハワイ名物をいつもくれます。ハワイだけじゃない、日本のどこかに行っても、チョイチョイくれます。そのお土産には共通点があります。「よくこんなの見つけたなぁ」ってなもんです。なんでしょうか?

答えは

「パグ」グッツです。

今も、いただいた土産のパグTシャツ着てパソコン打っています。

で、やっぱり最終的には「その人らしさ」じゃないかな。

相手の喜ぶ顔を見たいから・・・。


 

コメント

お願い:コメントの前か後ろにお名前をご入力ください。^^